タグ:雨宮処凛さん ( 8 ) タグの人気記事
ブックレット「ユニオンつくって、生きさせろ!」
9月18日に行われた
ユニオンYes!キャンペーンのキックオフ集会の模様がブックレットになりました~。
タイトルは「ユニオンつくって、生きさせろ!」
12月15日(土)
レイバーフェスタ2007会場で販売します!

労働組合とは無縁だと思っていた人が、組合に入って、
会社と対等に交渉し、働きやすい職場へ変えていく報告が満載!その様子がカッコイイ!
キャンペーン賛同呼びかけ人の一人で、作家の雨宮処凛さんと
土屋トカチ・ユニオンYes!キャンペーン事務局長との対談も収録されています。

f0143272_5172827.jpg


その他、レイバー映画祭一斉労働相談キャンペーンなど
同キャンペーンの活動も特別収録されています。

非正規労働者の新しい仲間づくりと、そのネットワークを感じることができるブックレット。
レイバーフェスタ2007の会場で、初売りです!よろしく~。

詳細はこちら
[PR]
by union_yes | 2007-12-14 05:23 | お知らせ
反撃タイムズ プレカリアートは闘うぞ
行動する作家、雨宮処凛さん連載の
ウェブちくま 反撃タイムズ プレカリアートは闘うぞ に
ユニオンYes!キャンペーン事務局長の土屋トカチが登場しました。
ウェブちくま

雨宮さんは、ユニオンYes!キャンペーンの賛同呼びかけ人の一人で、
プレ集会、キックオフ集会にも出演していただきました。
そのご縁で、今回の雨宮さんの連載にも
登場!となった次第です。
ありがとうございます!

ユニオンYes!キャンペーンの概要の他、
土屋トカチが何者かについても
雨宮さんの素晴らしいコトバのセンスで
記されています。
是非ご覧ください!
[PR]
by union_yes | 2007-10-05 17:48 | お知らせ
雨宮処凛さんのトークが動画で見れます
ユニオンチューブでは、
ユニオンYes!キャンペーン・キックオフ集会における
雨宮処凛さんのトークが沢山アップされています。
画質アップのネタもアリ!要チェック!!
ユニオンチューブは、こちら
[PR]
by union_yes | 2007-09-21 16:28 | ユニオンチューブ
生きさせろ! 集会
ユニオンYes!プレ集会、及び先日のキックオフ集会で
素晴らしいトークを炸裂していただいた
雨宮処凛さんの著書「生きさせろ!」刊行記念集会が
本日、新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)
で行われます。

キックオフ集会で話してくれた
ユニオンのメンバーも参加されます。
キックオフ集会に続いて、面白いイベントになること
必至です!

第88回 新宿セミナー @ Kinokuniya
『生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版)刊行記念
反貧困キャンペーン「生きさせろ! 集会」

■日時 9月21日(金) 19:00開演(18:30開場)
■会場 新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)
■料金 1,000円(全席指定・税込)
■前売 9月1日(土)発売開始
■前売取扱 キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5F/受付時間10:00~18:30)
■予約・問い合わせ先 紀伊國屋ホール 03-3354-0141 (受付時間 10:00~18:30)
■主催 紀伊國屋書店
■協力 太田出版

詳しくはこちら

[PR]
by union_yes | 2007-09-21 09:41 | イベント
盛況!キックオフ集会。
昨日(9/18)のユニオンYes! キャンペーン・キックオフ集会は、
会場あふれる120名が参加しました。
参加層も多岐にわたっていました。
呼びかけ人の木下武男さんの弁ではありませんが、
「新しい労働運動を予感させる画期的集会」になったと思います。
「ホッピー系労働組合」(雨宮処凛さん談)
という、新しいコトバも生まれました。
「ホッピー系労組」については、後日報告文等で解説します(笑)。

ユニオンチューブでは、
早速、集会の様子が動画でUPされています。
また、感想も届いています。ご紹介します。

ユニオンYes!キャンペーン・キックオフ集会に参加した。
いい集会だった。

団交を記録した映像が良かった。まさに「百聞は一見にしかず」だ。
土屋トカチさんと雨宮処凛さんとのトークも絶妙。

「交流会費=飲み代が高くて払えない」という本音。
自分の家族の知られざるエピソード。
閉鎖的かつ理不尽な価値観が支配する労働現場。
過労死の危険にさらされる家族を救出する難しさ。
労働組合の負のイメージ……などなど。

発言は、広く多岐にわたる。そのどれもが、
忙しい日常のなかで、見過ごされがちなSOS。
すなわち、死の淵からの悲痛な叫びなのだ。
現代社会の病巣。その暗部に迫る貴重な提起は、
特定のテーマに偏ることなく、特定の価値観でまとめることもなく、
わざとらしくなく、りきみもなく、バランスのとれた、いい内容だった。
この成功を共有し、次のステップへ。
(レイバーネット会員・Y 文・写真とも) 


f0143272_11365533.jpg

f0143272_11363888.jpg


後日、報告文もこちらに掲載させていただく予定です。
参加したかた、感想などお寄せください!
[PR]
by union_yes | 2007-09-19 11:56 | イベント
キックオフ集会、開催せまる!
ユニオンYes! キャンペーン・キックオフ集会の内容が、具体化しました!
集会では、
雨宮処凛さんトークショー
「ユニオン作って、生きさせろ!」
もあります。
雨宮さんには、7/25のプレ集会にも来ていただきましたが、
時間が少なすぎたという不満の声が多く、今回はたっぷり40分とりました。

またロゴをデザインした出来立てほやほや~、の
「缶バッヂ」を、会場内で販売します。初売りです!
f0143272_1261171.jpg
缶バッヂは一つ100円です。
注目集めるキックオフ集会。100名の会場ですので、お早めにご来場ください!


~ユニオンYes!キャンペーン キックオフ集会・詳細~

f0143272_1219302.jpg
日時:9月18日(火)18.15開場 18.30開演
会場:なかのゼロ視聴覚ホール(JR中野駅南口7分・03-5340-5000) 地図 

<プログラム>
 ・ユニオンチューブ最新映像=「首都圏青年ユニオン団交ビデオ」など
 ・リレートーク「ユニオンってどんな感じ?」
   首都圏青年ユニオン/東京東部労組/ガテン系連帯
   女性ユニオン/郵政ユニオン/全国一般なんぶ、など
 ・雨宮処凛トークショー「ユニオン作って、生きさせろ!」
 ・あいさつ 木下武男[昭和女子大学] (賛同呼びかけ人)
 
参加費 一般500円 (賛同人無料! 賛同団体は3名まで無料でOK)
主催 ユニオンYes! キャンペーン
[PR]
by union_yes | 2007-09-15 12:34 | イベント
ユニオンYes! キャンペーン・キックオフ集会

f0143272_22548.jpgお待たせしました!キックオフ集会の詳細です。

ユニオンYes! キャンペーン・キックオフ集会
~ 希望は、ユニオン。~

★2007年9月18日(火)18.30開演
★なかのゼロ視聴覚ホール (JR中野駅南口7分・03-5340-5000)

<プログラム>
●動画投稿サイト「ユニオンチューブ」始動!最新映像上映!!
●労働組合に入った若者からの発言
●雨宮処凛さん・トークショー「ユニオン作って、生きさせろ!」

★参加費 一般500円 (賛同人は無料)
★主催 ユニオンYes! キャンペーン 
★TEL03-3530-8590 labor-staff@labornetjp.org 
★フライヤーPDF→こちら
[PR]
by union_yes | 2007-08-30 21:58 | イベント
ユニオンYes!プレ集会、終了しました
f0143272_1561964.jpg7月25日、ユニオンYes!キャンペーン・プレ集会が東京・渋谷勤労福祉会館で開かれた。
宣伝不足もあり、主催者側の予測は30~50人で資料コピーも50しか用意していなかったが、人の流れが止まらず、結局65名が集まり盛況な集会となった。参加層も幅広く、知らない人や若い人、女性も多数参加。キャンペーンの呼びかけがジワジワ拡がっている様子だ。
総合司会は、
佐々木有美さんと尾澤邦子さん。

まず、主催者から伊藤彰信さん、土屋トカチさんが挨拶と経過報告。
土屋さんは、みずからのユニオン加入体験を披露した。
映像制作会社にいたときに解雇されそうになり、地域ユニオンに相談に行ったが、
敷居が高い感じがした。恐い人がいるのでは?すぐ加入書を書かされるのでは?という
勝手なイメージ・先入感があったから。今度のキャンペーンでは、そうした負のイメージを払拭するイメージアップ作戦にしたい。ユニオンが役に立つことを、若い人たちに身近に感じてもらいたい
」と抱負を語った。

プログラムの最初は、YouTubeをモデルにした
自前の動画投稿サイト「ユニオンTube」の試作版公開。
東京東部労組コナカ支部、郵政ユニオン・
首都圏青年ユニオン、ガテン系連帯・日研総業ユニオン、フルキャストセントラルユニオン
から
それぞれ2~3分の動画が上映された。
「ユニオンに入ってよかった」と率直に語る若者たちのインタビュー、
「ユニオンイエス!」を連呼する「おもしろ映像」、
テレビニューススタイルのつくり、などそれぞれ味のあるもので、好評だった。

上映後、4つの映像の制作関係者がコメントした。
東部労組の菅野書記長「映像の力を感じた。ユニオンのよさを伝える方法として
活用していきたい」。
首都圏青年ユニオンの武田さん「たった1時間でつくった。遊び映像だったが、
これなら自分でもつくれる、と思ってくれればうれしい」。
土屋トカチさん「スケッチブックに、あなたにとってユニオンとは?という言葉を書いてもらった。
個性のあふれる表現ができた。この方法は使えると思う」。
試作映像をみても、ユニオンTubeの可能性を感じることができた。
ただ問題は、今回のすべての登場人物が男性だったこと。本番では改善したいものだ。

次に9/24に予定している「レイバー映画祭」の作品紹介。
予告編の上映のあと、映画評論家・木下昌明さんの解説があった。
「70年前に作られた『怒りの葡萄』を見ても、資本主義のシステムが変わらないことがわかる。歴史的作品と現在の作品を組み合わせて、、スケールの大きな映画祭にしたい」。

f0143272_15332134.jpgそしてメインのゲストトーク。
司会は河添誠さんで、トークは作家・雨宮処凛さんと、ビデオ『労働者は奴隷か!』の主人公で組合に入ったばかりの皆倉信和さん。
雨宮さんは労働者の置かれているすさまじい実態を実例をあげて話した。
皆倉さんは、ユニオンに入ったらチンピラに脅かされたが、やはり「ユニオンがなかったら、今の自分はなかった。入ってよかった」と訥訥と語った。

雨宮さん「私が驚いたのは『経営者は団交を拒否できない』と法律で決まっていること。
そんなことを、私の周りではだれも知らなかった。
フリーターはユニオンに入れないと思っている人も多い。
そうしたことを一から知らせるべきだ。
また、みんなカネに困っているので、
解雇になってもカネがとれることを宣伝するといいのでは」とアドバイスした。

もう一つのプレ集会のメインは、キャンペーンのキャッチコピーを決めることだった。
60の応募作品をめぐって自薦・他薦・意見交換がつづき、
結局、以下の6点が選ばれた。ベストワンは「助けて!誰か。OK ユニオン」。
しかし、どれも甲乙つけがたく、この6点をベースにどうキャンペーンに活かしていくか、
引き続き練っていくことになった。

★ 助けて!誰か。OK ユニオン
● 希望は、組合。(または 希望は、ユニオン。)
● 一人じゃない! union-yes campaign
● 知らなかった? ええ道具でっせ、ユニオン!
● ユニオンの男はかっこいい。ユニオンの女はもっとかっこいい。
● ユニオン・イエス 私たちはきっと出会う


最後に、安齋徹雄さんデザインのロゴ案の紹介があった。
またNPO法人POSSEの今野さんから「フライヤーコンテスト」の企画提案もあり、
さまざまな表現によるユニオンYesの試みが、確実に具体化してきた。

閉会の挨拶は、首都圏青年ユニオンの武田さん。
ユニオンYes!キャンペーンはみんなでつくるもの。プロセスを大切にしたいので、
ぜひ一人ひとりの知恵を寄せてほしい
」と語った。
私も武田さんの話を聞きながら、キャンペーンの醍醐味は
じつはこの「プロセス」にあるのではないか、つくっていく過程そのものが運動なのだ、
と痛感した。
9月18日のキックオフ集会が楽しみだ。


追記: レイバーネット・アジア(laborasia.net/)の英語ページに、
プレ集会の報道が載りました。
http://www.laborasia.net/2005/commu/sub_main.php?id=commu_jap
[PR]
by union_yes | 2007-07-26 15:04 | お知らせ